読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある北大生の日常

とある北大生のブログです。

総合理系の農学部選び

こんにちは

 

これが初めての記事ということになるわけでありますが、今の自分にとって一番ホットな話題について紹介しようと思います。

 

北大総合理系から農学部を考えている人には参考になるのではないでしょうか。

 

まず、それぞれの学科の紹介から。

 

生物資源

例年、農学部の一番人気はここ。移行点も比較的高いものが必要。世間一般的な農業に関することを多く扱う。主要なテーマは農業、植物であるが、昆虫や生態を扱っている研究室もあり、幅が広いと言える。ここの人に聞くと、生物資源は楽だとよく聞く。

 

生物機能

いわゆるバイオテクノロジーを学ぶ。化学系がメインであるため、学生実験の比重が高く、農学部では一番忙しいと言われている。食品系、化学系、微生物系等、就職先はバラエティに富んでいるようだ。

 

応用生命

農学部実学に近いものが多いが、ここは比較的理学部よりで、現象の追求をメインに置いているイメージがある。京大では一番人気の分野だそうだが、北大の農学部志望はフィールドワーク志向の人が多いためか、一番手には出てこない。

 

森林科学

いわゆる森に関することならなんでも扱っている。自然科学に留まらず、社会科学的なものもある。生物、化学、物理の分野を含み、以外と裾野が広いのではないか。実習が多くて楽しそうなイメージはある。

 

畜産科学

家畜に関しての自然科学、社会科学について学ぶことができる。ただし動物大好き!というノリだけで入るのはおすすめしない。筆者はもともと畜産志望でしたが、よくよく考えると違うのではと思った人間であります。

 

生物環境工学

この分野は生物系の要素はかなり薄いと思う。機械から食品加工など、物理的な要素がメインなのではないかと考える。コマ数が少なく、実験も楽だそう。

 

農業経済

もはや文系であり、若干バカにする人はいるが、経済学を学びたいのなら全然あり。ただ、理系の勉強したいひとが、ただ農学部に入りたいというだけで選択するのは考えもの。学科自体はかなりの歴史を有しており、新渡戸稲造はこの学科出身らしい。院に行く人は少ない。

 

 

と以上が学科紹介でありますが、あくまでもこれは自分の勝手なイメージであります。総合理系の皆さんは時間をかけてゆっくり進路を考えてみてください。

 

ついでに農学部の就職はあまりパッとしません。学生の4〜6年間したい勉強をするのも大事ですが、その後の40年近くを捧げる就職に重きをおくなら、農学部以外も検討するのも一つの手です。別に農学部が就職できないというわけではなく、工学部に比べると圧倒的にその機会と企業の幅が狭いということです。北大農学部では公務員という進路が一つの柱となっているようです。

 

と、就職に関してネガキャンしてしまいましたが、農学部、と聞いて北大を連想する人は少なくないでしょう。あの、素晴らしい建物で好きな勉強をできればそれはとても幸せなことだと思います!