とある北大生の日常

とある北大生のブログです。

北大 教科書調達

 

春から北大で学習するにあたりワクワクな人、移行点で不安な人、後期入試で入りあまりモチベーションが上がってない人等、様々な人がいると思いますが、今回はそんなみなさんが必ず通る問題、教科書調達問題について記したいと思います。

 

義務教育時代を過ぎたのは遠い昔のことで、高校時代から教科書は購入となっておりますが、大学の教科書はいかんせんひとつひとつが高価であります。

 

それにも関わらず、折角教科書買ったのに全然使わない…という授業も中にはあります。

 

そんな事態は避けたいので、こんなこともあるよ、という程度の紹介です。

 

教科書調達の方法は主に4種類ですかね。

 

初めは自分で購入する、ということです。基本です。誰でも分かります。教科書を全部新品で揃えたい!という人は是非購入して、日本の経済を回してください。

 

次に先輩から譲ってもらうということ。部活やサークルに所属すると、先輩が要らない教科書等を譲ってくれる場合が多いです。使っている教科書は毎年変わるようなものではないため、だいたい事足ります。

 

3つ目は古本屋で購入するということ。自分の教科書欲しいけど、資金を少しでも抑えたいなぁという人は是非、古本屋に行ってみましょう。だいたい目当ての教科書はあります。私はそうでした。北大周辺の古本屋には歴代の先輩方が教科書を売っていくので、教科書を売りにしている古本屋もあります。私が知っている古本屋は12条門出たあたりの北12条書店、北19条のBooklabです。品揃えはbooklabの方が良かったような。だいたい元値の半額くらいで買えるのではないでしょうか。

 

最後は北大図書館で借りるという方法です。筆者は物理選択で、物理の講義で用いる教科書に必要性を感じなかったため、必要な時に図書館で借りる、という手段をとっていました。ただし、貸し出し期間は2週間と決まっているので、長く手元に置くのは難しいです。講義で用いている教科書はだいたい図書館に置いてあります。置いてなくても、申請すればまず間違いなく図書館が購入すると思います。本がある場所は開架の本棚以外に書庫という場所があります。1年生で書庫を利用したことのある人は結構少ないのでは、と思います。私はあの静寂と本のカビたような匂いの織り混ざった空間が結構好きです笑

 

 

と、教科書をどう手に入れるかという、記事にするまでもないような内容でしたがここからが本題です。

 

買ったはいいが、マジで1回も使わない教科書があるのです!

 

自学で使えということなのでしょうが、それならなおさら図書館を利用すれば良いと私は思いますね。

 

具体的には情◯学や生◯学、地球◯星科学、◯分積◯学等で購入した教科書や参考書のうち、全く使わなかったものがありました。

 

特にレー◯ン=ジョ◯ソンなんて7〜8000円近いですよ笑

生物系に進むならありですが、物理の畑に進もうという人は買わなくても良かったのでは?という気持ちになるでしょう。

 

なんだか貧乏くさい話ですが、教科書代を若干抑えて、残ったお金で◯◯しよう…というスタンス、私はアリだと思います笑。

 

まあ、ここまで煽っておいて言いにくいのですが、教科書の要不要を確認する期間より教科書販売期間が短いです笑。

 

教科書販売期間を逃すとなかなか手に入れにくい教科書もあるので難しいですね。

 

その辺は入学してから、先輩等によく聞いてみてはいかがですか?

 

今回はそんなアドバイスでした〜

 

では。