とある北大生の日常

とある北大生のブログです。

北大生 バイト編

 

お久しぶりです。

 

学期のはじめは忙しいので、更新は久しぶりになります。

 

今回はコメントをしてくださった方のリクエストにお答えして、バイトについて書いてみたいとおもいます。

 

だいぶ前のコメントなので申し訳ないです…

 

 

自分自身も、周りも少なからずバイト経験があるのですが、その内容は多岐にわたるため、正直バイト内容について有用な記事を書けるとは思っていません。

 

よくある北大生のバイトとしては飲食、塾講師のたぐいがほとんどではないでしょうか。

 

飲食のバイトエリアは24条の繁華街、18条、札駅〜すすきのにかけての居酒屋をはじめカフェなどでしょうか。

 

この辺は飲食店が密集しており働き口も見つけやすいと思います。

 

ただ、時給は最低賃金近いところが多いでしょう…

 

札幌市は一応日本でも有数の都市として位置付けられているようですが、バイト事情は最低レベルだと思われます。

 

最低賃金がひくいっ!

 

メリットはバイト仲間で仲良くなりやすいといったところでしょうか。

 

クラス、サークルとは違ったコミュニティを持つ方ができます。

 

効率よく稼ぎたいのなら塾講師、家庭教師でしょう。

 

塾講師に関してはほとんどぼーっとしているだけで給料もらえたり、丸付けだけだったりと、コスパは結構いいです。

 

注意する点としては、需要は飲食ほど高くないということ。家庭教師では場所に気をつけないと、移動で1時間近くかかってしまうこともあるようです。これでは単純に時給下がっていると考えていいでしょう。

 

 

これらの王道バイトの他にも、放送局、ホテルといった、普段馴染みのないようなところでバイトしている人もいます。

 

自宅生と一人暮らしでのバイトの違いはないように思います。

 

自宅生なのにサークル入らずバイト三昧という人もクラスで見かけました。笑

 

個人的にはとてももったいないと思います。

 

ここである有名なコピペを…

「バイトは親が高い金で買ってくれた時間を、バイト先に安く売っているようなものだ。」

 

目先の手持ち資金も魅力的ですが、それのみに没頭するのは残念です。

 

バイトで見るからにかわいそうな状態になっている人をよく見かけるので、みなさんはそうならないようにバイトを楽しんでください!

 

では。