とある北大生の日常

とある北大生のブログです。

北大出願 総合入試

ちょうど、出願の真っ只中ですね〜

 

私は総合理系で入学したのですが、総合理系は何重点に出すかも大きなポイントですよね。

 

私の場合は理科は化学と物理選択だったため、数学重点、化学重点、物理重点、総合科学と4種類の選択肢がありました。

皆さんとも4つの選択肢だと思います。

 

自分の得意科目、自信のある科目に出願すればよいのですが、僕のように「数学は波があるから、ギャンブルの要素が出てしまう…」、「理科は特にどっちが得意とかではなく、どっちもそこそこ得意だ…」という人もなかにはいるのではないでしょうか?

 

そういうわけで私は数学重点の選択肢はなく、他はどれでもいいと思っていました。

 

そこで気になるのが倍率です。

 

どこなら重点に出願するかで倍率は毎年最高倍率と最低倍率は1ほど開いているのではないでしょうか?

 

せっかくなら競争相手は少ない方がいいですよね!

 

これはフタを開けてみないと分からない…といったのが本音ですが、毎年の傾向を見てみると、なんとなく前年度に最も倍率の低いところが次の年に倍率が高くなるといった傾向があるようです。

 

受験生の心理がいとも簡単に読み取れますね…笑

 

なのでその逆にかけてみる、というのもありかもしれませんね。

 

まあ合格した人の中で、ほとんどの人はどこに出しても受かったでしょうから、関係するのはボーダーライン周辺の人だと思います。なのでそんなこと考えないでいいよう、ぎりぎりにならないように頑張りましょう!

 

ちなみに筆者は物理重点で50位くらいだったので、まあ安全圏でした。

よかったよかった。

 

 

ちなみに総合文系は一択なので、ある意味考えずに済んで楽ですね笑

 

ただ、理系の前期は総合入試しかありませんが、文系の前期は学部別入試も行なっているので、◯学部に行きたい!などと決めている方は、はじめから学部別で受けた方が賢明だと思います。

 

特に法学部などの人気学部に行きたい人は入学後も熾烈な成績争いが行われ、かつ他の学部別入試勢は1年生から同じクラスなので、2年で学部分属したときには既に完成されつつあるコミュニティにぶち込まれるという試練が待ち構えてします。笑

そういったことから、あまり入学してからのメリットはないように感じます。

 

私はそんな強い意志とコミュ力はないのできつそうですね笑

 

そんなこと言っても、総合文系の人は数学を使いたくないのか?

 

文系についてはよくわからないのでこの辺でさようなら。